歯科で出される薬とは

虫歯で歯科へ行ったら薬は?

むし歯薬で溶かしていく歯科治療

むし歯治療というと、機器を使って削って治療していく、というのが歯科の世界では一般的ですが、薬を使って治療する、という方法をとっているクリニックもあります。むし歯の部分に塗布して、その部分をやわらかくして溶かしていくことで、ピンポイントに治療ができるメリットがあります。歯科医院でおこなう機器を使っての治療は、どうしても周囲の健康な歯も一緒に削ってしまうということがあるのですが、薬を塗布することでそういったデメリットを最小限におさえることができるのです。ほかにも利点として痛みが少ない、削りすぎないので歯の神経を抜かずにすむ可能性が高くなる、などのメリットがあります。

脱灰・再石灰化とむし歯の関係

子供の歯は、大変むし歯になりやすいという特徴があります。それは、乳歯や生えたばかりの永久歯は歯の表面が軟らかく細菌が生成する酸に大変弱いこと・歯の噛み合わせの面の溝が大変深いこと・歯磨きが上手でできないことといった、いろいろな要因によります。小児歯科はこの歯質が弱い時期の子供の歯を守る歯医者さんで、予防に力を入れているクリニックも増えてきています。予防重視のクリニックでは適切な間隔での定期検診を勧めていて、検診ではセルフケアの歯磨きでの磨き残しのプラークを取り除くクリーニングや歯磨きの指導、歯の表面を強化するためのフッ素の塗布が受けられます。また予防歯科では、歯ブラシが届かない噛み合わせの溝をあらかじめ樹脂で埋めるシーラントの処置もしています。

歯科虫歯になる情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科虫歯になる理由とは All rights reserved