歯科の虫歯での治療

虫歯で神経をやられたら歯科では

歯科のむし歯の治療で神経を抜く

むし歯の治療で歯科医院に行くと「神経を抜く」と説明されることがあります。実際には「神経」ではなく「歯髄」を抜くことになります。歯髄とは、歯の栄養を司る機関です。歯の中央部分の細胞に栄養を運んでいます。そのため、歯の内部にあります。むし歯がひどくなると、この歯髄がバイ菌に侵されます。そのために痛みを感じ、歯髄を抜くことになるのです。歯髄を抜いてしまうと、歯に栄養がいかなくなるわけですから、歯がもろくなってしまいます。治療済みの歯でももろくなることで、歯が抜けたり、欠けたりすることがあります。歯科医院へ定期健診にいくことで、これが防げます。

歯予防に力を入れる小児歯科

子供の歯は、大変むし歯になりやすいという特徴があります。それは、乳歯や生えたばかりの永久歯は歯の表面が軟らかく細菌が生成する酸に大変弱いこと・歯の噛み合わせの面の溝が大変深いこと・歯磨きが上手でできないことといった、いろいろな要因によります。小児歯科はこの歯質が弱い時期の子供の歯を守る歯医者さんで、予防に力を入れているクリニックも増えてきています。予防重視のクリニックでは適切な間隔での定期検診を勧めていて、検診ではセルフケアの歯磨きでの磨き残しのプラークを取り除くクリーニングや歯磨きの指導、歯の表面を強化するためのフッ素の塗布が受けられます。また予防歯科では、歯ブラシが届かない噛み合わせの溝をあらかじめ樹脂で埋めるシーラントの処置もしています。

歯科虫歯になる情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科虫歯になる理由とは All rights reserved